カテゴリー: Q&A

「考具」を中心とする拙著の読者みなさん、そして「ワークショップ・考具」「アイデア・バイブル ワークショップ ミニ&プラス」からいただいたご質問にお答えします。
もう10年以上やってるので、実はいくつか「被り」もあります。あしからず・・・。

Q040:「ワークショップ考具」でアイデアを話し合わない理由は?

Q:「ワークショップ考具」ではアイデアスケッチを描いた後、
  グループでブレスト風に雑談したりしませんが、それは必要がないからですか?
  (神奈川県:Oさん)

A:
アイデアを考える際、誰かと話すことは非常に重要です。
時間があれば多いにやるべきことです。「ワークショップ考具」でその時間を取っていない理由は主に個人作業になる領域をみんなでトレースしてみること
そして、アイデア出し作業と企画化作業の違いを体感してもらうのが目的だからです。

本来ならば、アイデアスケッチを描いた後、その案を集めてブレーンストーミングするのが筋。ワイワイと打ち合わせをするプロセスが必要です。「ワークショップ考具」は、その前提となる
アイデアスケッチをたくさん描くことを体験する段階にフォーカスしているのでかなり個人作業の時間が多いプログラムになっています。
ということで、現場的には時間のある限り話すのがベターです!
  (かとうまさはる) 

■さらなるご質問は? メールはこちらまで。

Q039:いきなり「わがまま」に考えてもよい?

Q:わがまま→思いやり、といいながらも実務上の課題には市場環境や競合商品の状況など、
  重要な前提があって、それを無視して「わがまま」に考えてしまってよいのでしょうか?
  (東京都:Sさん)

A:
現場の仕事では当然前提条件がたくさんあります。
無視するわけにもいかないし、縛られすぎても困る。これはやり方の問題で
1)本当に条件を取っ払ってアイデアオリエンテッドに進める
2)しっかり認識した上で、「わがまま」に始める
のどちらかでしょう。

例えば経験の浅いプランナーには1)。まずは爆発させてみて、後で折り合い地点を見つける方法もあります。ベテランには2)。「どの辺まで“飛ばせるのか”」を何となくイメージしながらできる限りわがままに考える(経験値がないとできないでしょうね)。

いずれにしても超・基本の前提条件はアイデア出しに入る前に伝えておくべきでしょう。その上で、プランナーとして、どこまでわがままになれるか。プランナーを率いるディレクターからすれば「どこまでわがままに泳がせるか」。腕の見せ所、といったところでしょうか。
  (かとうまさはる)

Q038:アイデアが浮かんでもすぐ吹き飛ばされてしまいます。

Q:
ご質問です。

私も仕事上何かを企画したり表現したり…が求められ、その都度企画案をいくつか挙げてみようとしています。頭が固いので、なかなか思い浮かばないことは自覚しています。が、そもそも人の意見や発想に流されやすい性格で
(プライベートでは全く流されないのですが、仕事になると流されっぱなしです)せっかくアイデアが浮かんでもすぐ吹き飛ばされてしまいます。むしろ、自ら吹き飛ばしてしまいます。そんな時はどのような訓練をした方がいいのでしょうか? たぶん、自分の意見や発想を否定されるのが怖いからなんだと思います。
 (東京都:Yさん)

A:
まずは紙に書くことではないでしょうか。紙に書く(残す)ことで、物理的にアイデア(企画)を残す。

目で見えるようにすることで、打ち合わせの後半で見返すなど、一度流されても、また戻すこともできるようになりますし。

残し方は、その時必要とされるレベルでよろしいかと。ちょっとした打ち合わせであれば、メモ(手書き)でもいいでしょうし、もう少しキチンとしているなら、パソコンを使うとか。話しているだけでは、「迷う」ことができにくいです。いろんな選択肢を「拡げてミル」と楽になると思いますのでお試しください。

その際、やらない方がいいのは
1枚の紙に何案も書きつけてしまうこと。「1枚1ネタ」にして、それぞれの紙(アイデア/企画)が
自由に動けるようにしておいた方がよいです。大きい文字で書いてあった方が
“よき案”にも見えますから(笑・・でも本当)。
  (かとうまさはる) 

■さらなるご質問は? メールはこちらまで。

Q038:フォトリーディング、本当に身に付けていますか?

Q:加藤さんが本当にフォトリーディングを体得しているのか、教えてほしい。
  何度やっても私にはソーセージしか見えてきません・・・。
  (東京都:Wさん)

A:
どこまで体得しているのか? 実は自分でも怪しいです。
ソフトフォーカスでページをめくり倒していくステップも大事ですが、予習→フォトリーディング→アクティベーション・・・
と複数回に渡って前ページめくるところにも意味を感じてます。実質的な仕事上の読書であるなら「えーと、確かあの本にあんな事が書いてあったな・・お、これこれ」
になればバッチリではないでしょうか。本をどこまで把握するか? 「連ドラを見逃した友達に翌日教えてあげる」レベルぐらいかと。細かいところは省きまくっていても、話としては十分有効。そんな感じでとらえています。
  (かとうまさはる) 

■さらなるご質問は? メールはこちらまで。

Q036:ブレスト、どんなシチュエーションだとうまくいきますか?

Q:
ブレストって、実は酔ってるとき、音楽をかけているとき、喫茶店でやるとき、うろうろたち歩いているときのほうがバカみたいなもの、思い切ったものが出てもりあがるなあ・・
・・と思うのですが加藤さんはふだんどんなシチュエーションでやるのがうまくいきますか?
またご自身以外で若い方はどんな状態でブレストをするとうまくいっている様子ですか?
 (神奈川県 Rさん)

A:
実際としては、打ち合わせ(アイデア会議)の場に手ぶらで行く事はなくて、それ以前に自分なりにいくつかアイデアをメモにして持っていく場合がほとんどです。

つまり最初に「一人ブレスト」があるわけです。一人でやるブレストはまさに人それぞれじゃないでしょうか? かとうは電車の中とか、昼のカフェとか。その場所ではちょろちょろとメモるだけにして、会社の席でA4の上に清書
(と書くと聞こえがいいですが、要はアイデアスケッチ手書き版)して打ち合わせへ、という流れですね
他の人たちはどうしてるんだろう? まさにそこは一人きりなので、不明です・・。
  (かとうまさはる) 

■さらなるご質問は? メールはこちらまで。

Q035:実際的活用においてのメソッド選択基準はありますか?

Q:数多くの思考メソッドがありますが、実際的活用においてのメソッド選択基準はありますか?
映画プロモーションにおけるメディア広告展開プランには、○○の思考メソッドが使いやすい、
など。
(東京都 Fさん)

A:
最終的によきアイデアが出れば、過程のメソッドなんて何でもよろしい、が基本スタンスではないでしょうか。個人的には考具のあれこれは、スポーツの練習メソッドと近い感覚です。ゴルフが一番顕著ですが、あれだけ多数のメソッドがあり、それなりに支持者(それで上達しただろう人)がいる。

となると本当にそこは相性かと。
数回お試ししてみて、自分の技として採用するかどうかを決めるしかないようです。六つかしいのはどこで判断するか。
学生の時ですと問答無用の強制執行が働きますので合ってないようで合ってた、の幸運がある場合もあるんですが・・・。厳しい上司を持たない社会人はそこが迷うところ。あれこれ浮気しながら自分の中での4番バッター(他の打順)を決めていくのがよいかも知れません。
  (かとうまさはる) 

■さらなるご質問は? メールはこちらまで。

Q034:イラストに考具を使うには?

Q:個人的にイラストなどを描いています。
  ネタや構図などに困ったときに加藤さんの「考具」を言葉からではなく絵から展開していく、
  有効な活用法があったら教えてください。
   (埼玉県・Nさん)

A:
なるほど。例えば・・・ですがマンダラで構図の可能性を8つ書いてみるとか。
あるいはオズボーンのチェックリストで、構図をいじくってみるとか。ないしは七色いんこで視線の高さを変えてみるとか。やり方はいろいろあるのでは、と思いますがいかがでしょう?
絵の悩みを「コトバ」で解決する事もできそうな気はします。今あるものをちょっとだけ「ズラす」ことができれば、特にイラストのようなビジュアルは大分様相が変わるのではないでしょうか?
   (かとうまさはる)

■さらなるご質問は? メールはこちらまで。

Q033:ボツアイデア、教えてください!

Q:ボツアイデア、教えてください!
  仕事上「ボツになったアイデアと企画」「仕事にまで結びついたアイデアと企画」の具体例で、
  面白いものがあったら、差し支えない範囲で教えていただけたらと思っております。

   (神奈川県・Kさん)

A:
すいませんが、具体的にはお答えできず(守秘義務があります)。
ただ、最初の社内打ち合わせに出したレベルは「ワークショップ考具」テキスト
(=『考具』96p)に入っていたアイデアスケッチぐらい。マジメにあのレベルで社内打ち合わせやってます。ということで第1回打ち合わせなんてのは相当な玉石混交ですが最初の段階でボツになっているのは本当に相当下らない/つまんないです。

また提案の段階や、採用しかかったのにボツ・・はいろんな事情アリ、なことも多いですね。それは組織と組織で仕事をする以上仕方のない事だとは思います。
   (かとうまさはる)

■さらなるご質問は? メールはこちらまで。

Q032:アイデアから仕事まで、どうやってつなげていく?

Q:アイデアから仕事まで、どうやってつなげていく?
  先日ワークショップに参加しました。1日の中でいくつものアイデアを出し、その中から一つを選び、企画に整えるという一連のステップは体験できたと思うのですが、実際の業務において、アイデア出しから仕事まで、どのように結び付けているのかを教えていただけたらと思います。
  (東京都 Iさん)

A:
あくまでもわたしの場合、ですが・・・。
打ち合わせでは、いわゆるアイデア出しの打ち合わせを複数回やります。いいアイデアが出たら早いのですが、出るまでは時間の許す限り回数を重ねることになりますね。

それで徐々に、あるいはスッパリと核になるアイデアを「選び」、それを提案するレベルにまで整えます。出演者のウラをとったり、カンプ作ったり・・ということです。その過程が「思いやり」。予算やらスケジュールやら競合回避やらで提案までに変更が余儀なくされる事もしばしば。

提案し、めでたく採用となった後も、クライアント側の立場からの希望や判断など、また各種の「わがまま→思いやり」があり・・・
その後もさらに変更があり、まあ何とか間に合うように着地、でしょうか。当初のアイデア通りになることは当然少ないです。それだけ丸められてもなお、個性が残るアイデアが思いつくと好いな、とは思うのですが・・・アイデアパーソンの道は厳しい。
それでも自分の「わがまま」を出し続ける、ということですね。
  (かとうまさはる)

■さらなるご質問は? メールはこちらまで。

Q031:論文に考具を使うには?

Q:論文に考具を使うには?
初めてメールします。社会人大学院生です。46歳になってなかなか柔軟な発想が出来ず、論文作成に苦慮しています。そこで「考具」を購入したのですが、このような論文作成時にまず読むべきページはどこでしょうか。
 (大阪府 Tさん)

A:
論文も企画もアウトプットの形式が「文章かどうか」というだけで、やることは基本的には同じだと思います。まず「what」=イイタイコトは何か?
これは大・中・小とあって、大の下に中がいくつか、それぞれの中には小がぶら下がる。要するにコンテンツとしてのマップ、骨組みです(※)。

文章的に言えば「目次」となりますが、いきなり目次を書こうと意識すると
「目次としての文章表現=HOW」に頭が行ってしまうかもしれませんから注意。この辺は手書きメモなんかでも十分では。考具ということならマインドマップ/マンダラとか。そこまで固められたら後は調べるだけ、書くだけ! もちろんそれはそれで大変でしょうけども・・・。

論文は、文章の上手下手よりも「何が書いてあるか」だと個人的には思います。ということで、what=イイタイコトの大中小決め、が大切じゃないでしょうか?

※わたし自身はwhatが決まった、として書き始めてから「うーむ」となってwhatを変更することがよくあります。その行ったり来たりを涼とするかどうかは個性かと。ご参考になれば。
  (かとうまさはる)

■さらなるご質問は? メールはこちらまで。

Q030:大学生です。どんなノートの取り方がいいでしょうか?

Q:大学生です。どんなノートの取り方がいいでしょうか?
ノートはルーズリーフを使用しています。新たにメモしたことを追加していけるのでよいと思っています。先生方はノートのほうがよいとおっしゃている方がいます。問題はノートの書き方です。板書されたものをそのまま写しているだけでは何もならないと思います。自ら重要と思ったことは周辺にメモはしています。最近他のホームページをみてマインドマップ方式がよいのではないかと思い始めてきました。しかし、最適なノートの書き方が未だわかりません。どのような書き方がよいのか、ご意見を聞かせて下さい。
  (Mさん)

A:
正直、どれがいいのか分かりません。
というか「どのやり方もMさんにピッタリの可能性がある」ということです。ノートの取り方、には絶対的な正解はないでしょう。で、古来から長年生き続けている方法や、何人かの"信奉者"がいるやり方にはそれぞれ優れたところがあると思います。

ただし、人によって「合う合わない」が必ずあります。スポーツの世界がまさにそうで、ゴルフなんかは数え切れないぐらいの「方法」がありますし、どれが一番と云うこともなくて、それぞれに価値がある=支持する人がいる、わけです。ゴルフスイングが人によって全く違うように、ノートの取り方も千差万別。よって、自分自身でこれは、というものを「選ぶ」しかないです。

探し方は以前に比べればかなり楽になっています。インターネットもあるし、雑誌やら本やらもたくさんありますから。自分の時間を使って、どれが良さそうなのかを探ってください。さらにベターなのは、「自分でやってみる」こと。マーケティングの世界では「お試し」は定番。向こうが買って欲しい場合は無償(または廉価)でお試しさせてくれますが
こちらが求めている場合は、それなりの「払い」が必要です。払うのは、お金か時間(手間)です。
最近痛感しているのですが、ここの「払い」をケチると自信を持って進んでいくことができないな、と思います。ベストな選択をした、という確信がないと・・後でグラグラゆらぎます。

アイデア、企画を考えるときもそうなのですが、考え尽くした後で選んだもの、には迷いがありません(ここまで考えて、出てこなかったら仕方ない、の潔い諦めも含めて)。大事なのは、「選ぶ」こと。大切な自分の時間とお金を少しだけは使って有力な「選択肢」を探し、そのなかから「これかな」を選んでください。もちろん、もしかしたらもっとよいノートの取り方に出会えるかも知れません。
いえ、きっと出会うでしょう。それは
1)もっといい方法が発明された
2)その方法に初めて出会った
3)自分のスキルが上がって、他の方法の方が合うようになった
のどれかでしょう。

さて、その後どうするか? 

答えは「お、こっちの方がいいや」と思えたら乗り換える。一番最初に「考え尽くした後に選んだ」のであれば、新しく出会ったやり方の良さがすぐに比較、
判断できるでしょうからその判断にも迷いがないはずです。単純に「新しいモノをあちらこちらしている」状態との違いを分かってもらえると嬉しいです。正解がないもの、に対する選択肢は本当に限りがありません。

かとうがやっている「ワークショップ考具」でも、30人強の参加者のみなさんが一つのお題に対して30ウン通りの企画にたどり着きます。ノートの取り方も同じ世界ですね。Mさんがいま何年生なのかか分かりませんが
学生さんの世界はまだ「正解がある」ことが多いので文章だけではうまくニュアンスが伝わらないかも知れませんが。
 (かとうまさはる)

■さらなるご質問は? メールはこちらまで。

Q029:何を最初に考える?

Q:何を最初に考える?
私は現在開発部商品企画課に所属していますが、(はや2年が過ぎ)今までに思いついたアイデアと言えば、すべていままでに思いつかれている(考案されている)商品ばかりでした。正直頭打ちの状態にいます。どちらかというと、マーケティング(数値や理論)を基本として、ものごとを考えていくクセ(習性?)があり、どうしても何らかの理由付けがないと商品を企画できないところがありました。マーケティング(とくに数値)にとらわれすぎたあまり、思い切った発想(私的な表現をしますと、「おばちゃん」的発想とでも言いましょうか)を出せずにいた自分がいます。

企画とはマーケティングが先で、発想があと。または発想が先で、マーケティングがあとの両方の考え方があると思いますが、加藤さんはどのようにお考えでしょうか?
加藤さんの本に出合えて本当に嬉しく思います。少しは裏づけのない(マーケに基づかない)発想を出せるようになった自分がいます。
  (岐阜県 Oさん)

A:
まず、マーケティングの定義からスタートするべきかのかも知れません。
各センセイごとにいろんな定義がありますが、要するに「売れてナンボ」なんですよね。調査、数値、理論だけ、ではないはずです。メールでおっしゃっている「マーケティング」とは・・・データ、市場の原則、のような与件的条件または市場の現状のことだと判断して以下参ります。

与件が先か、アイデアが先か。
これはやり方の個性だと思います。
どっちでもよくて、結果として素敵なアイデア、行けそうな企画にたどり着けば万々歳。がわたしとしての主張なんですが、実施している「ワークショップ考具」などで拝見していますと、やはり与件を重視しすぎてその枠にがんじがらめ(って最近云わないですね)になってしまう方が多いような気がします。

「ワークショップ考具」では
1)ある程度与件を意識した上で
2)いったん離れてもらって、おバカアイデアを沢山考えてから
3)もう一度与件を思い出して、企画の核になるアイデアを選んでもらうスタイルを取っています。このスタイルを取る訳は、「心のハードル」を下げるためです。大概みなさん「心のハードル」が相当高いです。もっとチャンとしたことを書かないと・・と勝手にハードルを上げています(※)。いきなり企画を考えようとするのも同じですね。企画(のコア)は沢山あるアイデアから選ぶもの、です。当然選ぶのは出してから。それなのに最初っから企画を考えたらイカンのです。

それからワークショップでは「わがまま→思いやり」の順番をしつこいほど繰り返しています。思いやり、とは与件から始めてしまうこと。ここから始めてしまうとアイデアが飛びません。わがままが先、です。飛んでしまったアイデアをなんとか与件の枠に引き戻すやり方をした方が
楽しいアイデアを選び、企画化することができるんです。もうまったく裏付けのない発想をたくさん出し、その中から与件も考えても筋の良さそうなヤツを選び出し、あれこれ工夫し与件に合致させて「企画」にする、これです。

それに、いっくら裏付けがない、ったってそうそう与件からは外れません。ニンゲンの脳ってその辺はうまくできているみたいです。もっと「心のハードル」を下げて、ドカンと行っても大丈夫です。ホントに。
   (かとうまさはる)

※・・再度『考具』66p、96pあたりを見直してください。相当くだらないですよ。
   そんなのを20個ぐらい書き殴っていると、ポッと出てくるんです、アイデアが。

Q028:アイデアがボツにされる基準はなんですか?

Q:アイデアがボツにされる基準はなんですか?
人が人の発想を否定するということがありますが、私はそれは間違いだと思いますし、また、人の発想の仕方そのものを否定することはあってはならないことだと思っています。それでも作られた企画書(発想が詰まった)がボツにされることがよくあります。これは何をもって、ボツにされるのでしょうか?

例えば、メーカーなら、そこにマーケティングの要素が含まれていないために
(この場合、要素とは収支の予測などになると思いますが)、ボツにされることはあるかと思います。では、広告会社などの企業でアイデアがボツにされる基準(理由)というのは、何になるのでしょうか?
すでに過去に出されたアイデアがボツにされるのは分かりますが、アイデアパーソンが必死に考えたアイデアがボツにされる基準に疑問を持ちます。よろしければ教えていただけないでしょうか?
 (岐阜県・Mさん)

A:
どんな寛容な提案先(得意先)であっても100案もプレゼンテーションすることはちょっとあり得ません。
したがって、我々としての「お薦め」を整理、厳選して提案することになります。

選ぶ、ということは捨てること。当然判断基準があります。
その1は、「すでにどこかがやっている」。ご指摘にあった通りです。この点については「どこか」のレベルを判断することも大事。日本全国を市場としている有名どころの場合は、他業界のことであっても「すでに」と見なすこともあるでしょう。反対に、「他業界ではすでに、でも自業界では新しい」と判断できるケースもあります。

その2、「面白くない」。新しくても、つまらないものは確かに存在します。アイデアパーソンが必死に考えても面白くないアイデアは相当数あります。これは提案先が見てもやっぱりつまらないでしょうから、ボツです(※)。実際、面白いアイデアってなかなか出てきません。だからこそ量を沢山考えて、その中から「選ぶ」のです。自分自身のケースでは、20案出したら18から19はアカンです、残念ながら。

その3は「似合わない」。どんな商品や企業にも「らしさ」があります。その「らしさ」にマッチしないアイデアも、やっぱり厳しい。ハリウッドの超・ビッグタレントがギャラ100ドルだったとしても、起用してはいけない場合があるんですね。特に最近は誰もがブランディングを強く意識しています。
となれば自分自身、自社自身の「らしさ」はもっともっと大切にしないといけないのだと思います。

その4「目的にあってない」。そしてマーケティング目的/目標に合致するかどうか、もあります。
予算面、達成するべき成果面。新規顧客獲得がお題なのに、カスタマーサティスファクションしてもシカタナイ。アイデアを考えるときには、あっちこっち"暴発"していることが多々ありますから、
この辺のガイドラインで収束させていく必要があります。もちろん、そこで出たアイデアを別案件に活用する、は大アリです。

というわけで、必死になって考え出したアイデアたちはそのほとんどがNGを食らう運命です。でもそれでよいのです。そうやって厳しい試練を乗り越えてきたアイデアだからこそ、勢いやパワーを持ち、相手のハートを撃ち抜きます。さらに理屈的には・・ですが「好き嫌い」もあるかもしれません。そうした諸条件をなんとかクリアして、企画は初めて現実化されます。これが現実。

逆にですね、本当に良いアイデアが生まれたときにはすんなり決まったりするものです。ボツを怖がっていたら、アイデアパーソンにはなれません。どんどん出して、たくさんボツ。でもキラリと光るのが1つ2つ・・・。お互い頑張りましょう。
  (かとうまさはる)

※・・ただし自分(たち)と相手との「面白がり基準」が違うというパターンもありそうですが。  #html2(<a href="mailto:katokanji@nifty.com">■さらなるご質問は? メールはこちらまで。</a>) 

Q027:アイデアの「質」を上げるために心がけることは?

Q:アイデアの「質」を上げるために心がけることはありますでしょうか?
はじめまして。
「考具」を読ませていただき「すばらしい本にめぐり合えた」と思い、御礼を申し上げたくメールを打っております。特に私にとってありがたかったのは、考える上での「マインドセット(心の持ちよう)」と考える上での「ツール(道具立て)」の両方が書かれていた点です。前者だけですと「心構えはわかったけど実際どうするのさ?」となりますし、後者だけですと「この道具、切れ味は大したことないな」というきめ付けをして使うことをあきらめていたと思います。どうもありがとうございます。

「考具」を使った私なりの発見は以下の点でした。
発見1 とにかく集中してアイデアを30個考える、という具合に自分を強制すると、
アイデアの良さ・面白さはともかくとして「以前の自分だったらまず思いつかなかった」というアイデアは30個中、3つくらいは出てくる。
これは新しい発見でした。考えてみれば当たり前ですが、「頭を使い続ける」と今までとは違う発見ができる、ということですね。
これは新鮮な体験なので、新鮮さが薄れないうちに、習慣化していきたいと思っています(個人的には「アイデア道場」と呼んでます)。

発見2 思いついたアイデアは書き留めておこうと思うと、普段から「ふと」アイデアが出てくることが意識され、エンカレッジされるということです。今はまだメモする習慣が定着していないため、
「あ、さっきなんか思いついたのに忘れてしまった」なんていうのもいくつかありますが、根気強くアイデアを出す習慣づけをしていきたいと思っています。私自身は、普段は外資系の経営コンサルティング会社に勤めており、隔週でビジネススクールで「論理的思考」のクラスの講師をやっていますので、「考える」ということについて多少わかっているつもりでおりましたが、仕事面では「論理的に考える」みたいなことばかりを強調しすぎて、自分の自由な発想を勝手に却下していたな、
と反省しました(論理的に・・・ということばかりやってると、だんだんとアウトプットがつまらなくなっていくんですよね。「考具」を読んでその理由の一端がわかった気がします)。

さて、長い前置きですみません。一つご質問があります。
質問:アイデアの「質」を上げるために心がけることはありますでしょうか?

今の自分の状態は、「とにかくアイデアを30個考える」みたいなことを自分に強制することで、「面白いかどうかはともかく、今までよりはアイデアがたくさん出るようになった」ということだと思っています。ただ逆に、「つまらないアイデアを粗製濫造しているだけでは?」という素朴な疑問を感じるときもあります。
「面白い!」と思える自作のアイデアにはなかなか巡り合いません。アイデアの質を上げるためには、例えば「面白いアイデアがX個出るまでやめない」みたいな方法がよいのでしょうか?

「面白いと思うアイデアがないということは、アイデアの絶対数が足りない(量が質を規定する)」ということでアイデアの「ノルマ」を増やすべきなのでしょうか?
それとも「何がしか続けていけば、アイデアの質も上がってくる」というものでしょうか? 抽象的な質問ですみませんが、加藤さんの体験をお聞かせいただけるとありがたいです。
  (Kさん)

A:
理想を云えば、「面白いアイデア10個縛り!」などが好いと思いますが、そうしているといつまで経ってもプレゼンすらできません(笑)。
現実的には時間ギリギリまで考えたところから、最良(最適)だと判断できるアイデアを企画化していく事になると思います。先にも書きましたが、これじゃあなあ・・との思いを払拭できずにその日を迎えてしまうこともあるかも知れません。この問題については自分の打率目標をどこに置くか、がベンチマークになるでしょうね。もちろん10割・連戦先勝、と行きたいところですが現実はそれほど甘くはありませんよね。競合相手、そして自分自身に勝ったり負けたりなのが実際なのだと思います。

残念ながら仕事をしていると、毎日が試合・・ぐらいな感じです。キャンプを張ることもままなりません。
しかし数を大量にこなしていくうちに「当たり」は微妙に感じ取れるようになってくると思います。「これなら通るな」というカンです。
ただ最初から「当たり=ハイクオリティ」とは必ずしも云い切れません。

それから出てきたアイデアがそのまんま「ご採用」になることは割合少ないでしょう。アイデアの一部分、一欠片だけが面白い、という手応えがだんだんと出てくる感じです。でもそうしたらしめたもの。あとは組み合わせですから。とはいえ、練習(=アイデアの数を出すこと)を積んでいれば、
ある程度のクオリティを持つアイデアがポロッと、あるいはギリギリのところで出てくるようになると思います。いくつアイデアを出したらそうなるのか、は誰にも分かりません。またお題によって打率が大きく変動したりして・・・。課題は年々複雑になり、アイデアが求められるジャンルも広がる一方。
永遠に続く自分との戦い、です。
  (かとうまさはる) 

■さらなるご質問は? メールはこちらまで。

Q026:企画を活かせる場がありません!

Q:企画を活かせる場がありません!
何度も読み返し、既存のアイデア本の中では一番だと思っています。現在アイデアマラソンを実行していて、今年の元旦から始め、まだまだプラスを保っている状態です。やはり、「考えること」って楽しいです。将来クリエイターやプランナーになりたいので贅沢に企画開発職ばかりを狙って就職活動をしましたが、結果、惨敗です。そして、いわゆるフリーターの身が確定しました。しかし、どんな会社も私の「企画書」という名目のエントリーシートでは書類を通してくれましたので、少し自信に繋がっています。

そこで、相談事のようになってしまいますが、質問があります。企画があるにしても、それを活かせる場、活かしてくれそうな場が無いんです。「そういったことを見つける努力をしてないだけ」と言われそうですが、もし良いアイデア、企画が浮かんで、実行したい、プレゼンしたい、
このアイデアはどうかと議論したいと思ったときに、どう行動していいか分からず、メールいたしました。漫画家や作家志望の場合は自分の作品を「持ち込み」という形で出版社へ行ったり、
コンクールという形がありますが、企画の場合はどうしたら良いのでしょうか。
  (Hさん)

A:
昔々の学生時代のころを思い出しました。学園祭のイベント渉外をやっていて、「企画」(と呼べないほど稚拙でしたが・・)を企業さんに売り込みに行ったことがあります。いま考えると、とってもお得な企画だった様な気がする・・(笑)。

持ち込み、に関しては相手が企業であれ大金持ちであれ「誰が何をすればいいのか」がハッキリと見えていることが大事じゃないでしょうか。出資すればいいのか、相談に乗ればいいのか。さらに云えば予算の出所はどこなのか、そしてリターン(金銭的なモノだけとは限りません)は何か。

アイデアが企画に落とし込まれていれば、
誰が何をすればいいのか=その企画を実現するために何が足りないのか、が割合はっきりしているはずです。

それが明確でないと、not my business。持ち込まれても「面白いけど自分には関係ない話」に聞こえてしまいます。持ち込み先についてはコネがあった方がスピード的に早い、のメリットはあると思いますが、企画そのものが好いのであれば、会ってくれないという事もないんじゃないかと思います。

いきなりクライアントに行っても好いでしょうし、実施する上でパートナーとなってくれそうな人(会社)でも。

ただし・・いきなりの売り込むですと正直面倒がられると思います。このハードルを越える/くぐり抜けるための一番の近道は書物/メルマガからヒントを得ることでしょう。中小企業の方々向けのマーケティング関係、あるいはいわゆるセールスマン向けに書かれた良書&良メルマガが相当役立ちます。ついでながら、同じような課題を抱えている全ての人がHさんの話に耳を傾けてくれることは絶対にありません。当然相性やらタイミングやら、いろいろあります。ある程度数を打たないとそりゃ、当たりません。でもできるだけ「筋のいい相手」を絞り込むやり方はあります。上記の様な良書には「集客→セールス→CSのサイクルをどう仕組み化するか」が書かれています。
詳しくはそちらに譲りますが、ぜひぜひ・・ぜひ、参考にしてください。
 (かとうまさはる)

■さらなるご質問は? メールはこちらまで。

Q025:マンダラートの正しい使い方は?

Q:マンダラートの正しい使い方は?
「考具」を仕事のバイブルとして活用しています。「質問応答の時間」を利用してどうしてもお聞きしたいことがありますのでご質問させていただきます
「考具」その9:マンダラートについてお聞きします。P110にありますとおり、アイデアを出したいテーマを真ん中にもってきて、そのまわりの8つのセルを埋めていくことはよくわかりました。

ただ作業を進めていくうえで、例えば、真ん中のテーマについて周りのセルを埋める際にそもそもマンダラートを使用することになった理由を念頭において埋めていくことが最も良い方法なのでしょうか? 具体的に申しますと、例えばP110ではマンダラートを使用することになった理由は「新商品の企画」をするためです。この「新商品の企画」を念頭においてマグカップに関する周りのセル埋めを進めていくのかということです。なぜ? このようなことをお聞きするのかと申しますと、マンダラートを使用する理由を考えず(念頭におかず)に、ただテーマだけを見て(使用理由を考えずに)セルを埋めていくことは比較的簡単ではないかと考えます。例えば先の「マグカップ」の場合、「新商品の企画」ということをそっちのけで
ただマグカップに関することだけでセルを埋めていくことは私にとっては簡単に思えます。ただし、その場合、「新商品の企画」に関係のない事柄も出てくるので
やはりセルを埋める際はマンダラートを使用する理由を念頭においてセルを埋めていくことが必要なのではないかと思っております。その10:マインドマップの進め方についても同じことが言えるのではないかと思います。
長々と書きましたが、マンダラートの正しい使用方法についてご回答いただきますようお願いいたします。
 (Mさん)

A:
正直なところ、かとうも「正しいマンダラート使い」としてはやや落第気味ですので回答しちゃっていいのだろうか、と悩みつつ・・より実践的な使用シーンでの個人的体験をベースにお話しします。

あまり「正しい/正しくない」にとらわれすぎていると、よろしくないと思います。アイデアパーソンとしては「いいアイデアが出た/出ない」その結果にこだわりたいのです。マンダラしているところが生中継される訳ではありませんから、少々間違っていたって問題ありません。「新商品の企画に関係ないこと」がマンダラに乗っかっていてもOKです。そもそもマンダラに拡げていくのは「組み合わせるための要素出し」の部分が大きいのですからして、マグカップに関してMさんが知っているありとあらゆる事が列挙される方が、お得ですよね? 脳裏の記憶を引きずり出して、残らずプリントアウトするような感覚です。その中から新商品のヒントになるピースが見つかります。
基本に立ち返り、原則を確認すると「アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない」のでした。

また『考具』でも触れましたが、知っていることを書き出しているつもりが、いつの間にアイデアを思いついている・・・ように、頭の働き方はいい加減です。そのミックス(移行)は1枚のマンダラの中でも起こりえます。
そんないい加減さを受け入れてみてください。およびご心配の「使用する理由を念頭におく」件ですが、
スタート時に目指すゴールが新商品企画であることが分かっていたら、脱線していてもちゃんと帰ってきます。

気になるようでしたら、
1)○○について知っていることをとにかくマンダラで書き出す時間
 をつくってから、
2)書き出したものを眺めながら、アイデア(もどき、を含む)を書く時間
 に入ってみてはどうでしょう。としても、1)の最中にアイデアが出てきたり、2)の間にふと1)の不足分を思い出したりするでしょう。それも仲間はずれにせず、また規定の時間に思い出さなかった自分を責めたりせず、「お、ラッキー!」でメモしてあげてください。
ちなみに 0)として、「どんな新商品が売れそうなのか」を参考までにやってみると、
1)や2)に広がりが出るかも知れませんね。「何を考えるのか」=クエスチョンを固めることが、実は問題解決のキモだったりします。

0)を徹底的に突き詰め、考えるべき領域を絞り込んでから具体的な商品企画に入るのを戦略的だとする考え方も多いのですが、偶然が発見を呼ぶ、の事実もまた確かにあって。0)を参考までに、としたのはこの理由からです。絞った方がいいこともあるし、そうでないこともあるし。まことアイデアとか企画を考えるのは六つかしいです。
このあたりの使い分けができたら、相当のマンダラート使いなんでしょうね。
  (かとうまさはる) 

■さらなるご質問は? メールはこちらまで。

Q024:建築(家)と考具との関係について・・?

Q:建築(家)と考具の関係について・・?
『考具』楽しく読ませていただきました!
「建築」もアイデア出したもん勝ち、と、日々感じています。例えば安藤忠雄さんの代表作「住吉の長屋」。別室へ行くのにいちいち屋根のないコートヤードへ出なければならない。僕にとっては反則ワザのような建築です(おいしすぎです)。そんなアイデアマンぞろいなワケですが、グループワークをするとあまりに個性がぶつかりすぎてうまいこと煮詰まらない、という経験をしばしばしてきました。特に、グループで1つの建築(もしくは空間)を作る、という場合です。

▼質問1▼
アイデアは質よりも量だ! と加藤さんは述べておられます。ブレストでも質より量でしょうか? それは建築においても当てはまるとお思いでしょうか?

▼質問2▼
また、学科の諸先輩方との協働作業・ブレストにおいても『考具』的考えを導入したいのですが、どうするのが効果的でしょう?

ex:レジュメに掲載するなど…高校時代は、新聞部に在籍しており、トップに立って指揮できたのですが、今はそういう立場にありません。規模、学年とそれに伴う学習進度のためです

よろしければお答えください!
 (秋田県 Kさん)

A:
建築にアイデア。とても重要ですよね。
プランそのものを左右する大きなアイデアから、細かい数センチの収まりなどの工夫のような小さなアイデアまで、本当にたくさんのアイデアの固まりですね。私事ながらかとうも自宅(コーポラティブタイプの集合住宅なのです)の設計を建築家の先生とやったとき、それを痛感しました。また建築はアートにも近いので、各建築家の個性がかなり出てきます。施主と建築家と個性が合うかどうかは非常に重要なポイントですね。
さて本題に参りましょう。

▽回答1▽

アイデアは量>質、とまでは云いません。大量のアイデアが出てくれば、質的にOKなものが「選べる」のです。
そして質の高いモノだけを頭の中から出そうとするのは、アイデアを自分で殺してしまっていることになりがちなので、
とりあえず量、を第一に出してしまってから、質の要求を満たしているものをピックアップする、です。もちろん、いくら大量のアイデアがあっても、OKラインに達していないモノばかりだった、という結果に終わる可能性はあります。プロの仕事なら十分あり得ることです。
その場合どうするか?

もっともっと、考えるのです。(質を後回しにして)アイデアを出すのです。ブレストをそのまま続行するのもよし、後日に仕切り直すのもよし。
それはリーダーの差配しだい、および場の具合ですね。しかし仕事にはたいがい締め切りがありますから、厳しいです。ほんとに。
当然ながらこの原則はジャンルを問わないと思います。
広告でも建築でも夕食でも。やっぱり締め切りはありますね。

▽回答2▽
あるチームや集団に属する全員が考具を使う。結構なハードルかも知れませんね。

『考具』では基本的に個人ユースを主に想定していましたので、「みんなでやる考具」はまた別の展開が考えられそうです。チームでのワークに考具を使うためには、しかるべき人が「導入」してくれないと六つかしいケースが多いでしょう。とくに考具はカタチのあるものは多いし、一件妙な入り口ですから、「なにそれ」的な拒否反応もあったりして。
また建築に限らず、個性あふれるチームの方々に一律的なやり方を強制するのも一考です。要は議論の場(アイデア決定≒選択の場)にいいアイデアが持ち寄られれば好いのであって、そこに至るプロセスは個人がそれぞれでいいと思うのですけども。建築に関するアイデアの場合は「場で考える」ことが少ないような気もします。その辺はどうなんでしょうか?

ともあれ、導入するとしたら・・・ですね。全体にいきなり、よりは「こんなやり方を見たんですけど・・」「たまたまこうやったら結構(というさりげなさがポイントか)よくて・・」など、あくまでも参考程度なんですが・・・のノリでさりげなく提案してみる、なんてのはどうでしょうか。低姿勢の導入方法ですが最初の抵抗感ハードルって意外に高いものですから。

しかし・・・こうした会議というか打ち合わせをどうやって活性化していくか、みなさん悩んでますね。実際、ここのところ非常に多くの本が出版されてきていますし。組織だけではなく、ワークのリーダーシップ、もそこかしこで問われているのでしょうね。
  (かとうまさはる) 

■さらなるご質問は? メールはこちらまで。

Q023:『考具・演習編』はどうでしょう?

Q:『考具・演習編』はどうでしょう?
「考具」を大変興味深く読みました。実際の仕事にもすぐに役に立ちました。ありがとうございます。
今日は質問ではなく提案をさせていただこうと思います。それぞれの「考具」について演習を載せたバージョンを発行してはどうでしょうか。この本の中でマニュアル本を読む人の中で実践する人は1%だという話がありましたが、
実際に考具に基づいて考えさせ、使わせることで効果を実感して実践する人が増えるのではないでしょうか。こんな簡単なことはすでに考えていらっしゃるかもしれませんが・・・。
 (Yさん)

A:
ご提案、ありがとうございます。一度ならず、そういう企画は俎上にはのぼったのですが・・・。本、という形式はどうしても不特定多数を対象にしたつくりになります。そして一人で向かい合うタイプのメディアであり、どうしても一方的なコミュニケーションになってしまいがち。いくら演習を載せていても、実際にそれをやるかどうかは100%読者任せになってしまいます。例題が掲載されているような本もたくさんありますが、考えないでそっと答えを先めくりしてしまう読者もまた、たくさんいる訳です(わたしもその一人・・苦笑)。

こうした環境の中に『考具・演習編』を投入してもそれほどの効果があるのかしら、と今は思っています。「強制的に考具を使わざるを得ない環境」に身を置かないと、使い始めのその一歩を踏み出せない方もいるのだろう、ということです。その代わり、ということで『ワークショップ・考具』なるプログラムを開発しました。1日コースまたは2日コースで実際のお題に対して各種考具をつかってアイデアを考え、
企画にまとめる行程を実際に作業するワークショップです(※)。スポーツも独学ではなかなか始められないのと同じように
「考える」もまた誰かの手ほどきが必要なのかな・・と思っているところです。
 (かとうまさはる)

※・・まとまったグループからお申し出があったら、というのが現在(2005年8月)の状況です。
   #html2(<a href="mailto:katokanji@nifty.com">■さらなるご質問は? メールはこちらまで。</a>) 

Q022:『考具』は大企業に属している人が対象ですか?

Q:『考具』は大企業に属している人が対象ですか?
すてきな本と企画をありがとうございます。アイデアマン(ウーマン)と小さい頃から言われて育った私は、うんうんっとうなづきながら本に線をひきつつ読ませていただきました。同年代なので、文章の中に出てくる連想ゲームも確かに見ていたりまるでセミナーで聞いているようなライブ感があり、
とても楽しい時間を過ごさせていただきました。アイデアマンを増やそうというこの企画ですが、ホームページを拝見していても、大きい会社に属している方々が対象という様な感じがしてしまうのは私だけでしょうか? この本を読んでアイデアマンとなる方々が必ずしも会社でアイデアをもとめられているとは限らないと思うのですが、考具をつかってアイデアマンになり活かす機会があるといいですよね! その辺りをつなぐ活動も今後広がっていくことを願っています。いかがでしょうか? 実際、アイデアがたくさん湧き出てきても、それを現実化するには、システムが必要だと思います。フリーのアイデアマン達も登録できるような考具アイデア工場はいかがですか!? 考具をきっかけに、日本にもアイデアマンが増えていき、世の中がよくなることを夢みています!
 (神奈川県 Aさん ※一部省略しました)

A:
たくさんのご意見とご質問、ありがとうございます。なんか、こそばゆいですね。
まず質問への回答編から参りましょう。大企業向け、というつもりはあんまりないのですが、自分自身がサラリーマンなので、その環境に左右されているのかも知れません。しかしそれぞれの考具の使い方や、アイデアを考えるプロセスはいたって個人的な作業、誤解を恐れず云えば一人でできること、がベースとなっていますので、お勤めされる企業のサイズやポジションとは関係なく、成立すると思っています。

続いていただいたアイデアについて。「アイデアパーソンたちを繋ぐ」「アイデアを現実化するための考具アイデア工場」・・・とっても壮大なアイデアですねー。かとうとしてはビッグアイデアを一つ成し遂げるより、小さくてもいいから、すでに誰かがやっていてもいいから、自分自身が考え出したアイデアをたくさん現実化することの方が先なのかな、と思うのです。似たようなことを何度か繰り返していますが大きなアイデアを実現する人は、それまでに小さな、そして中くらいのアイデアを数多くカタチにしてきたのではないかな、と。アイデアを実現させる練習、とでもいいましょうか。

足し算したらそうなる訳でもないのですが、大きなアイデアも小さなアイデアの集合である、という側面もあります。
あるいは「入れ子構造」のように基本形は同じでもサイズが大きいケースもあるはずですし。もちろん将来的には「アイデアパーソンたちが集まって・・」となる日がやって来るのでしょうけども。それに負けず劣らず、小さなアイデアが密かに多く現実化していけば、いつの間にか世の中が変わっている・・なんてこと、ないですかね!?
  (かとうまさはる)

■さらなるご質問は? メールはこちらまで。

Q021:アイデアを企画書に収束させるには?

Q:アイデアを企画書に収束させるには?
マインドマップ、マンダラートなどの「考具」を使って
ゾロゾロと目の前に出てきたアイデアを企画書に仕上げる、「よい」方法を教えてください。『考具』を読む限り、かとうさんは軽々とアイデアを企画書にされている
ように思えるのですが、やはりこの段階では大変なご苦労があるのでしょうか。
 (大阪府 Yさん)

A:
まず最初に確認を。
「企画」と「企画書」とは全く別のものです。
企画そのもののカタチ(輪郭)がある程度自分自身でミエていないと、つくった企画書はフニャフニャです。企画のカタチがあるかどうかを確かめるために、企画者である自分にアレヤコレヤと質問をしてみてください。「ここ、どうなるんだろう」「いつ、誰がやるんだろう?」・・企画があやふやだと、答えられません。基本的な5Wですら、答えられないことが多いのです。このときには「質問者」としてその企画を受け取る人、または実施をお手伝いする人になりきってみてください。会社なら上司、編集者なら取材を担当してもらうライター、店長さんなら部下になってみて、質問をしてみる。イベントだったら参加者もしくは運営アルバイトスタッフという視点もいいです。

こうした企画を受け取る側から質問していくと、企画する側からでは見落としがちな盲点に気が付きます。この過程を『考具』の文中ではフィージビリティスタディと表現しましたが、言い換えればシミュレーションです。予想すること、想像することです。ここをすっ飛ばしてしまっていきなり企画「書」を書き出すとどうなるか? 抽象的なコンセプトにとどまるか、気持ちはいいんだけど、中身のない記述(文書)になってしまいます。

企画、はまだこの世の中に出現していないプロダクツや出来事ですから、できる限り細かく想像してから伝えないと、誰にも正しく掴んでもらえません。そしてきちんと想像できたものは、より具体的なカタチに変換することができます
いわゆる完成予想図、ってやつです。「タイトル」「5W1H」「ビジュアライズ」、そして総合した「1枚企画書(メモ)」というのがそれ。あるシーン一つとっても、5W1Hが想像できなければ写真撮影は不可能なんです。企画書にどこまで書き込むのか、はまた別の問題ではありますが、「ここはどうなっているの?」の質問には答えられる。そこまでの筋道が付いてから、企画書を書き始めるべきなんじゃないか、と思う次第です。
結論。
アイデアが企画になってから、企画書を書くんです!

  (かとうまさはる) 

■さらなるご質問は? メールはこちらまで。