Q325:「脱ぐ」を全員に根付かせるには

Q:利害関係や評価がある場で自分を脱ぐ概念を全員に根付かせるにはどうすると良いか? もはや他人を変えるのは難しいので自分を変えるしかないでしょうか? 嫌われる勇気的に。他人からの見え方は気にしない自分になるなど。

A:おっしゃる通り、脱ぐのはかなり大変(恥ずかしい)。ので、例えばですが「脱ぐところは宿題にする」から始めるのも手かと。アイデアスケッチを描く段階は個人それぞれ。それを持ち寄るところからミーティングに。など。
 とはいえ、みなさんご自身の本業でいきなり脱ぐのはさらにハードルが高いです。そこを緩和する目的もあって、8時間コースの「ワークショップ考具」ではアイデアを出すお題を、「本業からはズラす」でやっています。ちょっとは脱ぎやすくなります。さらに終日やってますと「脱ぐ」行為を何度か繰り返す、他の人の脱ぎっぷりを見ることになるので、夕方になると「知的ヌーディスト海岸」になっていく感じです。
 話もどって会社でやるなら、誰かが脱いでも、「あれ? それでも大丈夫じゃない?」という環境を形成できるか、かもしれません。