Q253:他人のアイデアに、プラスできなかった。

Q:他人のアイデアを見て
「あ、それ知ってたけど書けなかった」もあると思いますが、
「あ、そういえば、これと似てこういうのもあった!」と
新しいアイデアが生まれることもあると思います。
今回他の人を見た後にアイデアをプラスする時間がなかったのには、
訳があるのでしょうか。

A:ワークショップでは、考えるというスポーツの
「基本的なカラダ(とアタマ)の捌き方」に注力したので、
「云い出し」と「云い換え」とを分けてワークしてもらいました。
実際には「云い換え」をしているつもりが「云い出し」になってきたり、他人さまのアイデアから直接的に「云い出し」につながることもあると思います。
両方「あり」です。
選択肢が増えればOKですから。