Q242:企画の段階を想定してアイディア出しをするべき?

Q:アイディア出しの段階から少しは企画の段階のことも想定してアイディアを出した方が良いのでしょうか?
 アイディアを企画に落し込むときに、選んだアイディアがあまりにも現実から飛躍しすぎて、企画に落し込むことが難しかったです。

A:アイデアを「出すだけ」の段階では、荒唐無稽で好いんじゃないでしょうか。先を考えてしまうと、「一問一答」地獄に近づいてしまいます。
 なのでポイントは「選ぶ」時点。確かに実現不可能なアイデアを選んでしまうと、その後にっちもさっちも行かなくなります。
 つまり、アイデアとしては好いのだけれども企画としては成立しないケースがあります。残念ながらこれは選べません。技術の進歩なのか、規制の緩和なのか、社会の変化なのか。環境が整うまで、アイデアの在庫としてお手元に。
 ちなみに経験を積んでいくと、ある程度先を見越してアイデアを選ぶことがもうちょっとスムースにできるようになります。