■notes197 千歳飴が地下鉄のホームに

ポツンと忘れ物。

気づいたら、もう大騒ぎなんでしょうね。

たぶん親御さんは「同じ千歳飴を買ってあげるから」と云っても
子どもは「●●で買うんじゃなきゃイヤだ」と駄々をこねる。

だって自分もそうだったものね。

で、ふと・・・これって実は、
「千歳飴」というブツが欲しいのではなくて、
「(千歳飴を)●●で買った」という体験(コト)が欲しいんだなと。

場所が大事なんですね、きっと。

モノ消費からコト消費へ、なんて云われてますが、
ずっとずっと昔からあったんだなあ、と。

そりゃ今でもコトが欲しいわねと。

今さらながらに気づいた瞬間でした。