■notes176 戦いを省略するから、戦略!

と、教わりました。
うーむ、深い・・・

マーケティングの世界では
「戦争用語を使うのはやめよう」なんて議論があります。
戦略、なんてその最たる言葉とおもったら。
確かに孫子大センセは「戦わずして勝つのが最上」と。戦いを省略して、それでも立っているのは「個性」であり「ブランド」であり。「オンリーワン」に近づいていくことなんでしょうか。コンテンツのあり方=being論 にも通じるな、と独りごちてしまいます。