■notes159 今は100%分からなくてもいい。

のではないか? ・・とあるワークショップのお昼休みに話をしました。
お相手は、その日にコラボレーション的にWSをご一緒したセンセ。“講師側”としては、
ついつい、分かりやすさを優先してプログラムを組み立てがちなのですね。やはり終了後にいただくフィードバック/アンケートの結果には緊張します。

しかし・・今すぐは分からなくても、
何日か後、あるいは何年か後に、「ああ、そうだったんだ」と気づいてもらえることも立派な成果ではないか? と。

思えば仕事のお師匠さん。直下に就いているときには「えー?」と疑念を抱くこともあったような(笑)。
しかし●年経ってとてもとても感謝するばかり。セミナー/ワークショップ、ひいては書籍だって同じコトですよね?
なんて話をしたのでした。
どう思われますか???