■notes154 パーティに飛び込む。

のって、結構勇気必要ですよね。

理想は知っている人:知らない人=50:50 じゃないかと思うのですが、まあだいたい違います。

ただ主催者なり、知っている人なりが一人でもいたら大丈夫。「すいません、最初のとっかかりだけ作ってください」と頼む技を覚えました。すると、あなたとくっつけると面白そうな人は誰だ? と直感が働いてだれかの隣に「ちょっといい?」と“押し込んで”くれる。

後は自分次第のところもありますが最初の関門が突破できるだけで、ずいぶん楽になりますよね。

パーティって、基本的には「知らない人と知り合いたい」場ですから押し込まれた方だって、わざわざおいらに“押し込んで”きた、ということは・・?
ぐらいは思いますもの。

会場にいる全員と挨拶することはさっぱり諦めるのが吉かなと。またその貴重な出逢いも、結果自分との相性が悪いこともあるでしょう。打率、打率。そんなもんです、と思いたい。

そのためのコストもウン千円ぐらいかかるわけですが、それも中長期のスタンスで割ってみたら、案外お得なんじゃないですか?