■notes145 知、知、不知。

とある編集者の方との雑談の中で、すんなりこちらの世界へ誘うには・・? そんな話になりました。

その場で出てきたのが
「知っていること、知っていること、知らないこと」
ぐらいのバランスで情報を提供されると、ついつい・・なのでは? の仮説。最初から「知らないこと」からは入らない。そうっと誘う感じです。

そういえば・・と話は続き、「やばい本屋さん」でのできごとに。自分が読んだことのある本が並ぶ中に見たことのない一冊、
あるいはタイトルは知っていてもまだ未読の一冊がフラッと混じっている。
う、買わねば・・という気持ちになりますね、と。なんとなく、最初からインパクト! と考えがちですが
実はこういうやり口もあるな、と気づかされました。

「知っていること、知っていること、知らないこと」。