Q059:企画の善し悪しは、アイデア出しの時点で決まっている?

Q:企画のコアとなるアイデアを決める時に、
  その打ち合わせに出てきたアイデアスケッチの中から「選ぶ」のであれば、
  アイデア出しの時点で、事実上決まっている、ということになってしまうのでしょうか?
  (京都府:Kさん)

A:
だいたい、そうです。
集まって、それから考えれば良いアイデアが出るよ! というのは
かなりの自信家だけに許された台詞だと思います。その前の準備段階=個人で必死こいて考える=アイデアスケッチを描く=ネタを集めて・・・
の時間が企画の善し悪しを事実上決定していると思います。

具体的には、打ち合わせ/アイデア会議の場に出てきたアイデアスケッチがその企画の行く末を示してくれているわけです。ただ、出てきたアイデアスケッチを「そのまま選ぶ」で済まないのも事実です。面白い/筋のよい素材をアレコレと揉む過程は必要になるでしょう。そのプロセスの中で、ポンと跳んで、スケッチには出てこなかった、
新しいコアとなるアイデアが出てくることもあります。ありますが、その確率は低い。また、そのジャンプに行き着くためには、やはり目の前にある、その1枚(あるいは複数枚の)アイデアスケッチが必要だったのです。
 (かとうまさはる)

■さらなるご質問は? メールはこちらまで。