■notes085 鉛筆は、どこまで使えばWin-Win?

もちろん最後の最後まで使うのが吉でしょうがいわゆる「経済」を考えた時、残り何センチまで使えば、エコとケイザイのバランス=“損益分岐点”なんだろうか?

最近は色鉛筆がほとんどながら割に鉛筆を使っていることが多く、ふと思ってしまいました。
誰に聞けばいいのだろう?