Q046:仕事、ってなんですか?

Q:仕事、ってなんだと思いますか?
  自分が毎日やっていることが本当に仕事と呼べるのか、疑問に思ってます。
  (東京都:Oさん)

A:
凄まじいご質問。
かとうのキャパシティをはみ出していますが・・・。
大学の時に読んだ『仕事』(今村仁司・著)を思い出しました。ややうろ覚えですが、俗に云う“仕事”は2つに分類される。
1が仕事で、2が労働・・という議論。労働に甘んじていないで、仕事しよう・・そんな話だった記憶があります。

今風に云い換えると、
1=仕組みを作る人
2=その仕組みの上で作業をする人 になるでしょうか。2007年当世の風潮としては、圧倒的に1の人がエライのでしょう。大きな仕組みを作れば、それだけのお金もついてくる。そして作業する人は、代替可能であるのも事実です。仕事だけが人生でもないから、作業をオゼゼを稼いで・・もあり。そして大小に関わらず、仕組みをつくろうとするのもアリ。さらには、作業の領域において断トツのスペシャリストになるのもアリ。そこまで行ったら「仕事」ですよね、きっと。とすると、労働を仕事化するのは自分であって、仕事化には、なんらかの自分の考え(アイデア)が必要になるんじゃないでしょうか。それは、労働の仕事化構想の段階でも、あるいはもっと具体的な段階でも。このWebをお読みのみなさんはどう思われます?
  (かとうまさはる) 

■さらなるご質問は? メールはこちらまで。