Q035:実際的活用においてのメソッド選択基準はありますか?

Q:数多くの思考メソッドがありますが、実際的活用においてのメソッド選択基準はありますか?
映画プロモーションにおけるメディア広告展開プランには、○○の思考メソッドが使いやすい、
など。
(東京都 Fさん)

A:
最終的によきアイデアが出れば、過程のメソッドなんて何でもよろしい、が基本スタンスではないでしょうか。個人的には考具のあれこれは、スポーツの練習メソッドと近い感覚です。ゴルフが一番顕著ですが、あれだけ多数のメソッドがあり、それなりに支持者(それで上達しただろう人)がいる。

となると本当にそこは相性かと。
数回お試ししてみて、自分の技として採用するかどうかを決めるしかないようです。六つかしいのはどこで判断するか。
学生の時ですと問答無用の強制執行が働きますので合ってないようで合ってた、の幸運がある場合もあるんですが・・・。厳しい上司を持たない社会人はそこが迷うところ。あれこれ浮気しながら自分の中での4番バッター(他の打順)を決めていくのがよいかも知れません。
  (かとうまさはる) 

■さらなるご質問は? メールはこちらまで。