■notes034 UK探訪記 第8日目。

いつの間にか最終日。
宿からノッティング・ヒル方面へ向かってブラ歩き。

農家が集まる産直マーケットと、とある食料品店(と併設のカフェ)とにぶつかりました。いずれもまあガイドブックには載ってなさそうなところ。観光地ではないがゆえに、現地生活者の様子がリアルに見て取れます。ちょうど今抱えている案件との関係もあって
お茶をしているお客さまの組み合わせに目がいきました。特に後者のカフェでは、いろんな組み合わせの人たちがブランチ。面白いな、と思ったのは年齢を超えた組み合わせが多いこと。親子かどうか非常に判断に迷う老女と壮齢男性のベア。仕事の話をしているかどうか、老人の男性と若者のペア。密談している風の4人組。日本(あるいは東京)では、家族系以外で年齢の離れた組み合わせを見かけることは割合に少ないような気がします。どうしてなのかはよく分かりませんが、面白いな、と。いろいろな気づきのスタートになりそうな、最終日の発見でした。旅、の有効性はよく云われていることですが、確かにと実感。
普段はどちらかというと書斎派なかとうも、久しぶりによく歩きました。今すぐ役立ちそうなことは少ないのかも知れませんが、ポコッと出てきそうです。