Q010:頭の「効果的な休め方」は?

Q:頭の「効果的な休め方」は?
よいアイディアを出す為には、一生懸命考え続ける事も必要かとは思いますが、その逆に、頭を「効果的に休める」必要もあると思うのですが、何か普段から行なわれている「休め方」はありますか?
 (Mさん)

A:
アイデアに関する多くの書物では「いったん忘れる」とよく書いてあります。
ただそれは「あえて意識をしない」ということであって、無意識の領域では頭は常に回転している、ということなのでしょう。

頭の休め方=その問題を顕在意識から追い払う方法、としてみると、ほんとうにいろんなやり方があることに気が付きます。ぼーっとする、という超・基本形。趣味に打ち込む、他のことをする・・人それぞれですね。かとうの個人的な話をすると、「歌を歌うこと」です。カラオケではなく、自宅のお風呂の中、あるいは車を運転しながら歌いまくってます。最近流行の「脳」に関する書物によると、頭は使えば使うほどいいみたいです
なので休める、というよりも「他のことで使う」と捉えた方がより正解に近いのかも知れませんね。
  (かとうまさはる)

■さらなるご質問は? メールはこちらまで。